(くるぽん)つどいの広場及び関連イベントの中止について※5/8更新

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年5月31日(月曜日)まで、つどいの広場の利用及び関連するイベントを中止します。

中止期間中も従来の開設時間内において、電話等による育児相談は実施いたしますので、ご利用ください。

なお、期間については、情勢により延長する場合がございますのでご了承ください。

地域子育て支援拠点におけるつどいの広場及び関連イベントの中止について(PDFファイル:43.9KB)

(水月児童文化センター)休館のお知らせ※5/8更新

緊急事態宣言の発令に伴い、2021年4月25日(日)から、2021年5月11日(火)までの期間、水月児童文化センターを休館いたします。
期間中に予定しておりました、活動・イベントにつきましては中止とさせていただきます。利用者の皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

※2021年5月8日更新
緊急事態宣言の期間延長をうけまして、休館を2021年5月31日まで延長いたします

公共施設等の休館・休業について
池田市ホームページより

豊能町「 ひと山 まるごと プレイパーク 」 へ 「 はびきの プレーバーク 」 より 木の車 が 授与 されま した 。

ニュースリリース

特定非営利活動法人 北摂こども文化協会 ニュース


豊能町「 ひと山 まるごと プレイパーク 」 へ 「 はびきの プレーバーク 」 より 木の車 が 授与 されま した 。



 豊能町「ひと山まるごとプレイパーク」主催 特定非営利活動法人 北摂こども文化協会内「ひと山事務局」(理事長 川野 麻衣子)は2021年4月18日(日) に「はびきのプレーパーク」笹野四郎氏(NPO羽曳が丘E&L副代表)より手製の木の車を授与されました。
 当日の天候は午前中は晴れていましたが、午後からは冷え込み時々小雨もふる山特有の目まぐるしい天候でしたが、「授与式」は午前中でしたので、滞りなく終了致しました。今回は特別に豊能町より塩川町長にご挨拶を頂き、「はびきのプレーパーク」の笹野副理事様から「木の車」が豊能町「ひと山プレイパーク」に授与されました。ひと山プレイパーク参加者は早速こども達を中心に「木の車」を思い思いに楽しんでいました。
 これを機に豊能町「ひと山まるごとプレーパーク」と「はびきのプレーパーク」が今後連携を図る事でより充実した活動が期待されます。
 ◎授与式関係情報は下記の通りです。
日時 2021年4月18日(日) 午前10時30分~11時
出席者・敬称略●豊能町長 塩川 恒敏● NPO法人羽曳が丘E&L 副理事 笹野 四郎
● 「とよの大好き」代表者 ● NPO法人 北摂こども文化協会 理事長 川野 麻衣子
●「ひと山まるごとプレイパーク」 参加者56名
場所 大阪府豊能郡豊能町木代(きしろ)
本リリースのお問い合せ―――――――――――――――――――――――――――
●特定非営利活動法人 北摂こども文化協会   広報担当 :梅阪(うめさか)
TEL : 072-761-9245(月・火・祝休 9:00~17:00)  FAX : 072-761-9244
MAIL : hcca@12kodomo31.or.jp
URL : https:// hokusetsukodomo.com/
〒563-0023
 大阪府池田市井口堂1-10-18 セントラルマンションビル30A

以上

http://hokusetsukodomo.com/news/wp-content/uploads/2021/04/授与式終了 ニュースリリース-21-03.pdf

豊能町「ひと山まるごとプレイパーク」へ「はびきのプレーバーク」より木の車が授与されます。

ニュースリリース

特定非営利活動法人 北摂こども文化協会 ニュース


豊能町「ひと山まるごとプレイパーク」へ「はびきのプレーバーク」より木の車が授与されます。


 豊能町「ひと山まるごとプレイパーク」主催 特定非営利活動法人 北摂こども文化協会内「ひと山事務局」(理事長 川野 麻衣子)は2021年4月18日(日) に「はびきのプレーパーク」笹野四郎氏(NPO羽曳が丘E&L副代表)より手製の木の車を授与されます。
 今回の授与の経緯は、Facebook等のSNSにて豊能町の地域情報を「とよの大好き」にて発信している代表田中氏が豊能町にある「ひと山まるごとプレイパーク」について紹介したところ豊能町塩川町長がリツイートし、その内容を見た笹野氏が豊能町「ひと山まるごとプレーパーク」に手製木の車を役立ててほしいと寄付を申し出られたことから始まりました。
 これを機に豊能町「ひと山まるごとプレイパーク」と「はびきのプレーパーク」が今後連携を図る事でより充実した活動が期待されます。

授与式詳細
日時 2021年4月18日(日) 午前10時30分~11時
出席者(予定)・敬称略
● 塩川 恒敏 豊能町長
● 笹野 四郎 NPO羽曳が丘E&L 副理事
● 「とよの大好き」 代表
● 川野 麻衣子 NPO北摂こども文化協会 理事長
場所 豊能町「ひと山まるごとプレイパーク」 広場
大阪府豊能郡豊能町木代(きしろ)
本リリースのお問い合せ―――――――――――――――――――――――――――
●特定非営利活動法人 北摂こども文化協会   広報担当 :梅阪(うめさか)
TEL : 072-761-9245(月・火・祝休 9:00~17:00)  FAX : 072-761-9244
MAIL : hcca@12kodomo31.or.jp
URL : https:// hokusetsukodomo.com/
〒563-0023
 大阪府池田市井口堂1-10-18 セントラルマンションビル30A

以上

第12回「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」での【次世代の育成】部門にて活動が評価され新規助成団体として選ばれました。

2021年4月8日
特定非営利活動法人 北摂こども文化協会

各位

特定非営利活動法人 北摂こども文化協会 ニュース

2021年3月30日(水) 特定非営利活動法人北摂こども文化協会は第12回「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」での【次世代の育成】部門にて活動が評価され新規助成団体として選ばれました。


特定非営利活動法人 北摂こども文化協会(理事長 川野 麻衣子)は、阪急阪神ホールディングスグループが実施する第12回「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」による市民団体の助成プログラムとして公募された応募総数87団体の中から、「地域環境づくり」と「次世代の育成」に取り組み、国連が提唱するSDGsのうち目標④「質の高い教育をみんなに」、もしくは目標⑪「住み続けられるまちづくりを」につながる活動を行う団体の一つとして助成を受けることになりました。

今回評価された活動内容の概要は下記のとおりとなります。
~こども達の多様な実体験支援~
こどもの心が豊かに育つために必要な基盤である安全・安心をまもる地域づくり、こどもが自分の興味・関心に応じて自由にのびのびと過ごし、好奇心の赴くままに様々なことに挑戦して、他者と協働しながら物事を作り上げていく体験の場、文化芸術の鑑賞や体験の機会を提供していきます。また、19年間継続実施している「いけだ夢燈花(ゆめとうか)」は地域の方々やこども達の交流の場となり、こども達を見守るきっかけづくりにもなっています。

                                                     以上

 
―本リリースのお問い合せ―――――――――――――――――――――――――――
特定非営利活動法人 北摂こども文化協会   広報担当 :梅阪(うめさか)
TEL : 072-761-9245  FAX : 072-761-9244
MAIL : hcca@12kodomo31.or.jp
URL : https:// hokusetsukodomo.com/
〒563-0023 大阪府池田市井口堂1-10-18 セントラルマンションビル30A


以上

(4/2追記)インターンシップによる課題報告会を実施いたしました。

20-08
2021年3月31日
特定非営利活動法人 北摂こども文化協会

報道機関各位

特定非営利活動法人 北摂こども文化協会 プレスリリース


2021年3月25日(木) 特定非営利活動法人北摂こども文化協会にて特定非営利活動法人ドットジェイピー インターンシップによる課題報告会を実施いたしました。

 特定非営利活動法人 北摂こども文化協会(理事長 川野 麻衣子)は特定非営利活動法佐藤人ドットジェイピー(理事長 佐藤 大吾 東京都千代田区麹町2-10-2 )が取り組む教育研修事業に協力し、インターン3名を2021年2月より3月末までの期間受け入れ、課題研究に協力し、3月25日にインターンによる発表会を実施いたしました。
 インターンシップの目的としては、社会問題を解決する為に 活動している特定非営利活動法人の職員と行動を共にし、実務を経験することにより、それぞれの特定非営利活動法人が解決したい問題への取り組み方などをより深く知る体験学習プログラムとなります。
インターンシップ 参加者
● 飯田 愛実  関西学院大学 総合政策学部 1回生
● 佐藤 実紗  関西学院大学 総合政策学部 1回生
● 徳本 真衣子 関西学院大学 総合政策学部 2回生

発表タイトル 「中高生の居場所をひろげよう」

尚、当日の発表資料並びに映像につきましては 北摂こども文化協会HPよりご覧になることができます。
 特定非営利活動法人北摂こども文化協会
 http://hokusetsukodomo.com/jigyou.html#hitoyama
―本リリースのお問い合せ―――――――――――――――――――――――――――
特定非営利活動法人 北摂こども文化協会   広報担当 :梅阪(うめさか)
TEL : 072-761-9245または050-7120-7775  FAX : 072-761-9244
MAIL : hcca@12kodomo31.or.jp
URL : https:// hokusetsukodomo.com/
〒563-0023 大阪府池田市井口堂1-10-18 セントラルマンションビル30A


以上

当日の発表資料はこちら

youtubeにて当日の映像を公開中です

大学生プレイリーダー募集

ひと山まるごとプレイパークでは、大学生プレイリーダーを募集中です。

プレイリーダーとは
プレイリーダーは、子どもたちが自ら考え 、 行動することをサポートします 。
でもまずは、童心に返って 、 子どもたちと共に大いに遊んでください

ひと山まるごとプレイパークとは・・・
『自然の中でおもいっきり遊びほうける 』 ことをモットーに 、 大人と子どもが協同し 、 開かれていく遊び場です 。

募集チラシはこちら

応募はチラシ記載のQRコードまたは、下記URLよりお願いします
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSebcquLs1xjWZ90dIA4euoX5mhugpZ7brC97eaTlxMLZzZSdw/viewform

お問い合わせ
特定非営利法人
北摂こども文化 協会 事務局 梅阪
TEL 072 761 9245
Email:hcca@12kodomo31. or.jp
URL:http://www.hokusetsukodomo.com/hitoyama/about.htm


第20回いけだ夢燈花 若者実行委員募集

 「いけだ夢燈花」の取り組みについては2001年6月に池田市で発生した児童殺傷事件を機に翌年から亡くなられた児童の冥福を祈ると共に、地域の見守り活動を始めとして世界のこども達に
平和と安全を願う活動を行い続けています。今年度は「いけだ夢燈花」に若者実行委員として参加者を募集し、「いけだ夢燈花」を新しい世代の方達と共に持続可能な取り組みとして活動を継続していきたいと考えています。

◆説明会の開催については下記の通りとなります (オンラインでの参加も可能)
 令和3年2月28日(日) 11時~

◆ お問合せ・説明会 申し込み
NPO法人 北摂こども文化協会 TEL 072-761-9245
下記フォームより応募可能です
https://ws.formzu.net/fgen/S21584660/

※「いけだ夢燈花」は池田市・池田市教育委員会より後援をいただいております。

第20回大阪高校生演劇フェスティバルは無事終演しました

おかげ様を持ちまして、第20回大阪高校生演劇フェスティバルは無事終演いたしました。
コロナ禍で表現の場が少なくなっていく中で、高校生たちに豊かな体験の機会を提供することができました。
また、ライブ配信では多くの方にご覧いただき、大阪府外の方、若い人にも演劇の魅力と高校生の熱い想いをお伝えできました。
次回、第21回開催に向け、今回の経験をもとに、より充実した内容でお送りできるよう努めて参りたいと思います。
皆様のご支援ありがとうございました。


「第20回大阪高校生演劇フェスティバル」開催のご挨拶

大阪高校生演劇フェスティバル主催団体、北摂こども文化協会理事長の川野麻衣子です。
北摂こども文化協会は子どものための地域文化環境の向上に努めるNPO法人です。
国連子どもの権利条約が定める「子どもにとって最善の利益を大切にする」という考え方に賛同し、地域文化活動を続けています。
子どもたちが心豊かに育つために必要なこととは何か。私たちは体の健康と、心の健康、心身共に健やかであることが、大切だと考えて参りました。とはいえ、私たちは感染症については素人です。子どもたちのためにも、社会のためにも無謀なことはできません。
今年は新型コロナウィルスが猛威を振るう中、開催が危ぶまれましたが、制約を守り、国や自治体がお示しくださった条件の中での開催方法を整えることができ、今日の開幕に至りました。
皆様にご来場いただくことはままなりませんでしたが、その代わりに、インターネットが接続できる環境であれば、どこからでもどなた様にも、ご鑑賞いただくことが可能となりました。ご鑑賞後には、ご覧の画面上にて、アンケートのお願いを表示させていただきます。ぜひご意見欄の項目にて、「どの地域から鑑賞しました」という風にお住いの地域をご記入ください。遠く北海道から沖縄まで、あちらこちらの地域からご鑑賞いただいていたということを、終演後、関係者の皆で、盛り上がりたいと思います。

大阪高校生演劇フェスティバルを立ち上げた経緯は、当協会の仲間が、偶然、高校演劇連盟主催の高校生演劇大会を鑑賞したことが始まりです。長尾高校の「父と暮らせば」でした。
高校生にもこんな表現力があるのかと、いたく感動し、私たちの仲間にも地域のみなさんにも、ぜひ見てほしいと思い、長尾高校演劇部の舞台を招聘したのが第1回目となりました。
翌年からは、大阪府下の公立市立の高校演劇部さんに広く上演希望校を募り実施。
朝から晩まで開場しても、1時間の上演・終演、バラシ、次の作品の仕込み、2作品目の上演と、丸一日めいっぱい上演して5校・5作品となっています。

コロナで社会対策が求められる中、文化は生命維持活動に不可欠。と公言した国がありましたが、私も文化芸術は、人類にとって必要不可欠な要素だと感じています。だからこそ人類史上、絶えることなく脈々と続いている。

文化芸術は、創造する力(イマジネーション)空想する力、人間に与えられた力を最大限に発揮する世界です。目の前のことから離れ、今一時を、物語の世界に没頭できる。
そして、自分はどう感じるのか、自分の感性に浸ることができます。

今年は、アフターコロナの世界を描いた作品や、小学校時代に出会った漫画作品に感動し、いつか演劇にして上演するぞと情熱を燃やし続けおよそ10年越しに夢をかなえたという作品もあります。高校生たちが今の社会をどう受け止めているのか。彼ら彼女らの想いに耳を傾けて下さい。そして、皆様の想いもお聞かせください。

最後になりましたが、本フェスティバルにご支援・ご協力、応援いただきました全ての皆様に心より感謝申しあげます。

2021.1.30
NPO法人北摂こども文化協会
理事長 川野麻衣子

※当日行われた主催者挨拶を掲載しています

第20回大阪高校生演劇フェスティバルin池田の取り組みを世界に向けて発信しました

20-07
2021年1月22日
特定非営利活動法人 北摂こども文化協会

報道機関各位

特定非営利活動法人 北摂こども文化協会 プレスリリース


2021年1月9日(土) 株式会社Freewill(※1) が提供するVIBES MEDIAに「第20回 大阪高校生演劇フェスティバル in 池田」(※2)の取り組みを初めて投稿し、掲載されました。


 特定非営利活動法人 北摂こども文化協会(理事長 川野 麻衣子)は2021年1月9日(土)
株式会社Freewill(本社 東京都港区北青山1丁目4-5 CEO 麻場 俊行)が提供する
VIBES MEDIAに大阪高校生演劇フェスティバルの取り組み活動を投稿し、掲載されました。
このVIBES MEDIAは誰もが世界に”善き行い”に取り組んでいることを発信することのできるメディアで、真なる思いから形にされた文章そのものが評価されるメディアを目指しています。
将来的に、執筆された記事は翻訳機能によって各国の言語に翻訳される予定です。
また、VIBES MEDIAでは記事内容とSDGsの取り組みとの関係性にも注目しており、投稿した
「大阪高校生演劇フェスティバルin 池田」のSDGsへの取り組みは★印の内容となります。
① SDGs4 Quality education
すべての人々への、包括的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を提供する
★大会場で発表する機会の少ない高校生にチャンスを提供する
② SDGs5 Gender equality
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う
★子どもの権利条約第13条(表現の自由)および第31条(文化的・芸術的生活への参加)を保障する。 演劇活動においては、ジェンダーの平等を促進する。
③SDGs8-9 Decent work and economic growth
地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する
★広く一般、地域の人、若い人にも観てもらい、演劇の魅力、作品に込めた高校生の想い
(若者世代の社会へのメッセージ)を伝える。そして地域活性化につなげる。
◎VIBES MEDIA全体のURLは下記となります。
https://vibes.media
◎「第20回大阪高校生演劇フェスティバルin 池田」 掲載ぺージのURLは下記となります。
https://vibes.media/articles/328

【※1】
株式会社Freewillとは
メーカーやベンダーにとらわれることなく最適なハード・ソフトウェアを提供するグローバルSI事業を軸に、SESやグローバルビジネスコンサルティングサービスなどを提供するITベンチャーです。「ビジネスを通じ、次世代のための世界展開と地球環境へ貢献する」をビジョンに、グローバル市場をリードするテクノロジーによって地球規模の社会課題解決をめざしています。 
上記説明文は株式会社Freewillニュースリリース 2019年11月14日より一部引用
【※2】
第20回大阪高校生演劇フェスティバルin 池田の実施については
主催;NPO北摂こども文化協会 後援;池田市・池田市教育委員会 
協力;イケダ大学  アイ・エス・エス
となります。今回は新型コロナウィルス感染対策の為オンライン開催となります。
ご視聴の際は下記URLよりアクセスをしてください。
http://hokusetsukodomo.com/jigyou/enfes/

―本リリースのお問い合せ―――――――――――――――――――――――――――
特定非営利活動法人 北摂こども文化協会   広報担当 :梅阪(うめさか)
TEL : 072-761-9245または050-7120-7775  FAX : 072-761-9244
MAIL : hcca@12kodomo31.or.jp
URL : https:// hokusetsukodomo.com/
〒563-0023 大阪府池田市井口堂1-10-18 セントラルマンションビル30A
以上

VIBES MEDIA読者の感想がございますので紹介させていただきます。
すべての感動はひとの熱意から生まれる、ということを記事を通してあらためて感じました。演フェスが20回目を迎えられたということで、すべては立石さんと神田さんの、山形での全国大会を絶対に観たい!という熱意・想いがなければ現実に存在しなかったであろう「作品」「出会い」が、高校生たちの財産になっていると思うと、たまらないですね。自身の行動ひとつ、熱意ひとつが未来の奇跡につながっている、そう思うと、なんだか毎日が本当に大事に思えてきます。
素敵な記事を読ませていただきありがとうございました!  【S.Mさん】